山形って本当に息してるんだろうか?一体何があるの?

山形県の知名度は高いと思います。

山形と聞いて日本の都道府県ではないと思う人はいないでしょう。絶対に山形と言えば山形県だとか、東北でしょ?と答える人がほとんどだと思います。

しかし山形県って何があるのかと聞かれると途端に難しい質問になります。答えに窮する人が増えるでしょう。山形と言えば…うーん何だか思い浮かびませんね。

試しにGoogleで山形と打ってみましょう。

試しにGoogleで山形と打ってみた、が

単に山形と打ってみると観光について出てくる感じですね。

山形は観光が一番興味を持たれているのかなと思いました。

他にはめぼしい話題はなさそうです。あればすぐに出てくるので最近の話題は特に山形には無いようです。

これでは面白くないので「山形 ニュース」と打ってみました。

すると、Yahooニュースの山形版の一覧リンクができてきたのでClickしました。

で、「モンテディオ山形の元社長・森谷氏が無投票初当選 山形・河北町長選」というニュース記事を発見。どうやら河北町の町長はモンテディオ山形の元社長がやっているようです。

でもモンテディオ山形って何??と思いました。でまた調べるとどうやらサッカーチームのようです。Jリーグに所属している山形のチームでWikipediaにも載っているので有名のようです。私がサッカーを知らないので多分多くの人にとっては常識だったかも。すみません。。

ただサッカーチームの元社長がなぜ町長をやっているんだ?というのは疑問です。

そこで更に調査すると森谷氏についてこんな記事が出てきました。

また、県職員OBであり、サッカークラブ等の経営について全く経験のない森谷俊雄氏を後任に充てる「天下り人事」にも、大きな不満を感じています。さらに、この騒動によるスポンサー獲得やシーズンチケットの販売などへの悪影響も懸念されます。

https://www.change.org/より

どうもこの森田俊雄氏は県職員のOBだったようです。でそんな人を「天下り人事」としてモンテディオ山形は社長に据えた模様です。

でも疑問じゃないですか、どうしてサッカーチームの社長が「天下り人事」なのか。意味が不明ですよね。

車買取 山形

Jリーグと言えば税リーグ

ただ私はピンときました。「Jリーグと言えば税リーグ」と揶揄されているくらいに経営基盤はもろく実は税金に頼った運営をしているクラブチームが多いのが有名であるということです。

もしかするとモンテディオ山形は運営資金の一部に山形県の税金が入っている可能性があると思います。っていうか県職員OBを社長に持ってくるくらいですから多いにあるでしょう。そうでなければド素人を社長にするわけがありません。

しかしながら天下り人事というのは通常は社長ではなく取締役とかお飾りでポストを用意するものです。だって社長なんてド素人ができるわけがないじゃないですか。官僚だってできないのにそれより落ちる県職員がただでさえ採算性の悪いサッカーの田舎のチームの社長なんてやったらメチャクチャになりそうなものです。

しかし天下り人事ですからお金は行っているのだと思いますね。ポストを用意するからクラブに税金が行くという構図だとしたらちょっと破綻してる話だなと思いました。

ちなみにこのクラブチームの筆頭株主は

公益社団法人山形県スポーツ振興21世紀協会(49%)だそうです。

もうこんなのモロに税金で運営されている何の意味もない団体です。こういう訳の分からない団体が多いせいで日本の借金は増えているということが言えるでしょう。

※日本の財政の仕組みとしてはこういった名ばかりの日本政府(や地方自治体)の子会社的な団体に資金を貸し出した債権が資産としてあり、その一方で日本政府(や地方自治体)の借金が負債としてあるのです。#バランスシート、会計

その他にも明るい話題はない…

その他には明るい話題がないのかと探したのですが中々見つかりませんね。

例えば路上で男性が倒れていたとかインフルエンザ大流行とかろくな話題がありません。

またジェネリック販売でカルテルか・山形市の製薬会社などを立ち入り検査 公取委とかもはや事件や不正、事故、更には天下り人事と選挙には公務員OBが当選など現在の日本を惨状を凝縮させたような内容が山形県にはあるなという印象です。

日本の地方には未来がないと言われますがまさにその通りであり、山形県にも未来が見えません。私がもし山形県に住んでいたとしたら脱出を考えます。だってこのままだと山形県のほとんどの地方は過疎化して買い物するお店も病気を治療する病院も不足するでしょう。車で長距離走った場所にあったとして老後にそんなところに気軽に行けるでしょうか?

車があったとしてもどんどんと運転に不安になっていくでしょうし、免許を返上したら誰がそこに連れて行ってくれるのか?いちいちタクシーを呼ぶのか?いろいろ問題というか生活上の不便というよりも恐怖を覚えます。多くの人はそこまで考えていないのでしょうが現実的にそういった問題が日本全国の地方で起こるでしょう。年をとってからでは遅いのです。

さて冒頭に当選した元県職員の森谷俊雄氏がこんなことを言っています。

「人を呼び込み企業を呼び込み魅力ある仕事を作り、家族の夢、地域の夢を一緒に叶える町を実現していきたい」

全部ウソですよ。この人は単に当選してお給料をもらいたかっただけです。学校を卒業してずっと国や自治体の税金から給料をもらって生活してきた人ですから市長として国から給料を貰うのは当然だと思っていることでしょう。立候補したというリスクまで冒したんだから「人を呼び込み企業を呼び込み魅力ある仕事を作れなくても」しょうがないと将来に開き直るでしょう。

だって失礼ですが河北町で「人を呼び込み企業を呼び込み魅力ある仕事を作り、家族の夢、地域の夢を一緒に叶える町を実現していきたい」なんてできるわけがないじゃないですか?

この2019年になって今からこんなことをするんでしょうか。もっと景気が良かった頃にできていた筈でしょう。それなのに今できていないということはできないんですよ単に。もちろん河北町に住んでおられる方々は新しい市長の言葉なんて全く信じていないでしょう。単に当選した勢いでそんなことを言っているだけで実際には何もできないと見透かしている筈です。

私はこんなことでは地方はおわりだと思いますし、否、もう終わっていると思います。ですからこれをご覧になっている方々でまだ他の地域に逃げられる方はぜひこれから何とか準備をして逃げて下さい。絶対に今後は地方ではまともな生活が送れません。人間らしい普通の生活、老後は安心に暮らしたい、老後に辛い思いをしたくないという方は努力して今いる地方から逃げましょう。

以上になります。

車買取 大分